読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草名画座 番組解説 2007年2月号

第1週 : 1月31日〜2月6日

『日本侠客伝 / 関東篇』 1965年 東映 95分 CS

(出演)高倉健, 鶴田浩二, 北島三郎, 藤純子 (監督)マキノ雅弘
そりゃあみんなマグロは好きさ。だけどそれを独り占めってぇのはないんじゃねえのか ?  なあ、敏よ !

築地の魚市場を牛耳り老舗を苦しめる悪党・天津敏に、魚屋ケンちゃんが怒りの大暴れで立ち向かう豪快任侠シリーズ第3弾 !

寿司屋のサブちゃんもコブシきかせて殴り込み ! だけどオイシイところは鶴田がイタダキだ !

 

『仁義と抗争』 1977年 東映 90分 CS

(出演)松方弘樹, 中村敦夫, 小池朝雄, 宍戸錠 (監督))松尾昭典
東映ローカルやくざ路線ここに極まれり ! 全篇ズーズー弁炸裂でおくる異色のアクション巨篇 !

関わる者すべてに死をもたらすリアル疫病神・ばば伝が、会津の温泉町を舞台に不死身の壮絶ミッションを遂行する痛快湯けむり暴走劇 !

浅名アニキの(かなり遠い)親戚・松方が、迷惑この上ない狂犬ヤクザを嬉々として好演 !

 

鬼平犯科帳1995年 松竹 104分 VV

(出演)中村吉右衛門, 岩下志麻, 藤田まこと (監督)小野田嘉幹
お江戸の治安を守るため、今日も戦うグルメなあいつ、ごぞんじ長谷川平蔵が、不埒な悪を成敗いたす !

原作の「狐火」「蛇の眼」をもとに、上方盗賊まこっちゃんVS鬼平親分の息詰まる死闘を描く、超人気時代劇銀幕スペシャル !

志麻姐さんの必殺色仕掛けが炸裂 !  いくらなんでももう無理なのでは… ?

 

 

第2週 : 2月7日〜13日

『昭和残侠伝 / 人斬り唐獅子』 1969年 東映 105分 CS

(出演)高倉健, 池部良, 片岡千恵蔵, 大木実 (監督)山下耕作
ヤクザ間の抗争が絶えぬ物騒な街・浅草(※今はそうでもない)を舞台に、慰安婦斡旋であくどく儲ける厚顔無恥な外道どもを相手に、健&良が豪快にカチ込みかける、超人気シリーズ第6弾 !

花風コンビをサポートすべく、千恵蔵御大も出陣する豪華版 !

将軍・山下耕作が匠のワザで描く、極めつけの任侠巨篇 !

 

『冬の華』 1978年 東映 121分 CS

(出演)高倉健, 池部良, 北大路欣也, 夏八木勲 (監督)降旗康男
自ら殺めた兄弟分の娘を陰で見守り援助する、あしなが健サンの超ストイック任侠巨篇 !

15年の刑期を終えカタギになろうと思ったのも束の間、カラオケマイクの争奪戦から関東 VS 関西の大抗争が勃発 ! 再びドスを手にひとり殴りこむ、涙の傑作人情アクション !

シャガールはいいなあ…  も健サンはもっといい !

 

『脱獄囚』 1957年 東宝 86分 CS

(出演)池部良, 佐藤允, 藤田進, 草笛光子 (監督)鈴木英夫
ハッピ~バ~スデ~良~♪

何と御年89歳 ! そんな池部良の若き日の勇姿が今甦る !

脱獄した凶悪犯が検事の家を襲撃し逃走 ! 次なる標的は自分の家族と睨んだ刑事・良が、妻を囮に非情の"犯人誘い込み作戦"を展開するバリ渋アクション巨篇 !

硬派な良の鬼気迫る熱演には、従兄弟の太郎もビックリだ !

 

 

第3週 : 2月14日〜20日

『大脱獄』 1975年 東映 91分 CS

(出演)高倉健, 菅原文太, 田中邦衛, 小池朝雄 (監督)石井輝男
健サン76回目の誕生週をド派手な銃撃戦で盛大に祝う、衝撃のハードアクション巨篇 ! 殺人の濡れ衣を着せられた健サンが、文太と共に刑務所を脱走 ! 裏切り者に復讐すべく壮絶な戦いを挑む、網走番外地バイオレンス篇 !

鬼畜・田中邦衛の変わり果てた姿に、「あのドラマ」のファンは全員脱落間違いなし !

 

新幹線大爆破1975年 東映 152分 CS

(出演)高倉健, 北大路欣也, 丹波哲郎, 志村喬 (監督)佐藤純彌
鉄道員(ぽっぽや)」で全国を涙で包んだ健サンが、手のひら返して国鉄に宣戦布告 ! 時速80キロ以下になると爆発するナイスな爆弾を新幹線に仕掛け、大枚500万ドル強奪を目指す究極のパニックアクション大作 !

全世界を熱狂の渦に叩き込み、数々の模倣作品を生み出した伝説の傑作が、満を持して浅名登場 !

 

『侠客の掟』 1967年 東映 89分 CS

(出演)梅宮辰夫, 高倉健, 待田京介, 山城新伍 (監督)鳥居元宏
第14回ベストジーニストに輝く梅宮が、健サンとの強力タッグで男を磨く超正統派任侠映画 !

渡世の義理で親分を斬った辰兄が、没落してゆく組を窮地から救うべく、お詫び代わりの豪快大暴れを敢行 !  悪質な工事妨害を繰り返す安部徹のケチな野望を木っ端微塵に打ち砕く、無敵の熱血アクション巨篇 !

 

 

第4週 : 2月21日〜27日

『動乱』 1980年 東映 150分 CS

(出演)高倉健, 吉永小百合, 田村高廣, 志村喬 (監督)森谷司郎
軍服姿も凛々しいチョイ右健サンが、静かな闘志を胸に時代の荒波に立ち向かう、男気炸裂のクーデター巨篇 !

昭和維新の理想に燃える青年将校・健と、哀しき小百合の運命を「五・一五事件」「二・二六事件」を背景に怒涛の二部構成で描く感動アクション超大作 !

森谷司郎の作品ゆえ、万全の体調で臨まれよ !

 

男はつらいよ / 望郷篇』 1970年 松竹 88分 CS

(出演)渥美清, 長山藍子, 井川比佐志 (監督)山田洋次
地道に生きると決めてはみたが、所詮似合わぬカタギの暮らし、身の程知らずの夢破れ、涙堪えてまた旅の空…。

やくざ渡世の儚さを悟った寅さんが労働者階級 の仲間入り !  豆腐屋を舞台に妄想爆発の大騒ぎを巻き起こすシリーズ第5弾 !

ここぞとばかり大ハリキリの"葬式未遂事件"には、当のおいちゃん大激怒 !

 

『真剣勝負』 1971年 東宝 75分 CS

(出演)中村錦之助, 三国連太郎, 田中浩 (監督)内田吐夢
錦ちゃん&トムの東映版「宮本武蔵」コンビが、伝説の空白部分を東宝で埋める豪快チャンバラ巨篇 !

鎖鎌の遣い手・宍戸梅軒との壮絶な死闘の中で、剣豪・武蔵がついに二刀流開眼を果たす傑作時代劇シリーズ番外編 !

やけに人間くさい敵役・梅軒を三国が好演 ! それに引きかえ武蔵ちょっぴり卑怯なり !

 

 

第5週 : 2月28日〜3月6日

『日本暗殺秘録』 1969年 東映 142分 CS

(出演)鶴田浩二, 高倉健, 菅原文太, 藤純子 (監督)中島貞夫
「桜田門外の変」から「二・二六事件」まで、日本近代史の血塗られた暗黒面を、神をも畏れぬ東映が堂々の映画化 !  

千葉ちゃん大活躍の「血盟団事件」をメインに、東映が誇る憂国オールスターズが総出演で豪快にテロりまくる、問答無用の実録超大作 !

右も左もありゃしねえ、大切なのは白か黒 !

 

『網走番外地』 1965年 東映 92分 CS

(出演)高倉健, 嵐寛寿郎, 丹波哲郎, 田中邦衛 (監督)石井輝男
寡黙でストイックな健サンとはひと味違う、二・五枚目の魅力が炸裂する東映屈指の人気シリーズ第1弾 !

無謀な脱走計画に強制参加させられた健サンが、天敵・南原宏治と手錠に繋がれたまま決死の逃亡を繰り広げる極上のアクション巨篇 !

自称"鬼寅の兄弟分"の安部徹氏には、今回もキチンと天罰が下ります。

 

『陽炎3』 1997年 松竹 86分 VV

(出演)高島礼子, 深水三章, 遠藤憲一 (監督)吉田啓一郎
高島礼子の当たり役"不知火おりん"が、熱きご要望にお応えして半年ぶりの登場 !

旅先でヤクザの抗争に巻き込まれたおりんが、長門裕之を拷問するわエンケンを拉致るわとやりたい放題の悪党・火野正平を、怒りのドスで粛清する痛快シリー ズ第3弾 ! おっぱい要員・あいだももの参戦で、目の保養もバッチリだ !

 

 

【番組骨法十箇条】

 

<其の一> ちなむ【因む】

上映番組を組むというのは、腕の見せ所であると同時に、非常に頭痛を伴う作業でもあります。

中々良いアイデアが浮かばない時には、何かに「因んで」みるの もひとつの手。

今回は支配人もかなり苦労した様子で、やたらと因みまくった番組編成となっております。

まず2月11日の池部良誕生日と16日の高倉健誕生 日に合わせ、それぞれ出演作を三本立てでドーンと大放出 !

2月26日は言わずと知れた二・二六事件超大作『動乱』を、血盟団事件の3月5日には『日本暗殺秘録』を(映画は2月9日の事件がメインですが…)といっ た具合に、豪快な因みっぷりを見せてくれます。

さらに何に因んだのか、脱獄モノが三本も乱れ飛び、そのうえ丸大ハムでおなじみの田中浩登場率も極めて高い という、実にトリッキーな強力ラインナップとなっております。

これからもどんどん因んでいってもらいたいものですね。