読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草名画座 番組解説 2007年10月号

第1週 : 10月3日〜9日

『新 男はつらいよ1970年 松竹 92分 CS

(出演)渥美清, 栗原小巻, 財津一郎, 津坂匡章 (監督)小林俊一
競馬で大当たりし、タクシーで凱旋帰郷した寅さんが叔父叔母夫婦のために夢のハワイ旅行を計画 ! もちろんヒドイ目に遭わされ、すっかり意気消沈の寅さんですが、幼稚園の美人先生・小巻と出会うや0.5秒で春到来 !

ほぼ全篇に渡り柴又周辺のみで物語が進行する、ちょっぴりユニークな爆笑シリーズ第4作 !

 

極道の妻たち / 死んで貰います』 1999年 東映ビデオ 107分 VV

(出演)高島礼子, 斉藤慶子, 東ちづる, 白竜 (監督)関本郁夫
浅草二丁目界隈でダントツの人気を誇る女侠・高島礼子の、極妻新シリーズ第2弾 !

西日本最大組織の跡目争いが紛糾し内部対立が激化 ! 混乱に乗じて夫を殺られた礼子姐が、手段も仕事も選ばぬ不逞の輩・三田村邦彦に復讐を果たすべく、慶子とツレで壮絶な殴り込みをかける痛快アクション巨篇 !

 

犬神家の一族2006年 東宝 135分 VV

(出演)石坂浩二, 藤純子, 松坂慶子, 仲代達矢 (監督)市川崑
色んな意味で日本映画を変えたあの角川映画第1弾が、30年前と同じ監督・同じ主演・違う製作者で怒涛のリメイク !

莫大な遺産を巡る壮絶な骨肉バトルの真っ只中、我らの純子が実子・菊之助を手駒に究極の完全犯罪に挑む戦慄のサスペンス巨篇 !

打本親分は30年経っても何も分かっちゃいません。

 

第2週 : 10月10日〜16日

『博徒対テキ屋』 1964年 東映 91分 CS

(出演)鶴田浩二, 片岡千恵蔵, 藤純子, 大木実 (監督)小沢茂弘
昭和初期の浅草で、デパート出店に揺れる地元ヤクザの抗争を描く、たぶん半分実話の傑作任侠シリーズ第3弾 !

名門テキ屋一家の跡目を弟・松方に譲り博徒となった鶴田が、デパート利権に群がる近衛十四郎&敏を哀愁若干押さえ気味で成敗する男気アクション巨篇 !

純子のカワユイ啖呵売がたまりません !

 

『女渡世人』 1971年 東映 90分 CS

(出演)藤純子, 鶴田浩二, 木暮実千代, 雁之助 (監督)小沢茂弘
「緋牡丹」「女侠伝」とはひと味違う、長谷川伸的情感にあふれた純子の新シリーズ第1弾 !

瞼の母を捜し求め旅を続ける渡世人・純子が、旅館を乗っ取り温泉独り占めを企む湯けむり極道・エンタツを、鶴田とタッグで豪快に叩きのめす名作任侠巨篇 !

今週なにげに命日(10月12日)の小沢茂弘ミニミニ特集です。

 

『河内のオッサンの唄』 1976年 東映 89分 CS

(出演)川谷拓三, 夏純子, 岩城滉一, ミヤコ蝶々 (監督)斎藤武市
あの名曲「河内のオッサンの唄」が、なぜか東映東京で堂々の映画化 !

酒とバクチに明け暮れる白タク野郎・拓三が、不死身の大暴れで麻薬暴力団に勝負を挑む、ピラニア軍団総出演の痛快爆笑シリーズ第1弾 !

記念すべき初主演となる拓三ですが、扱いは大部屋時代とさほど変わらず、散々な目に遭わせられます。

 

第3週 : 19月17日〜23日

『昭和残侠伝 / 唐獅子仁義』 1969年 東映 89分 CS

(出演)高倉健, 池部良, 藤純子, 志村喬 (監督)マキノ雅弘
狙うもんよりも狙われるもんの方がやっぱり強かった、お待ちかねの傑作シリーズ第5弾 !

採石権を巡るヤクザの抗争に巻き込まれた健サンが、隻腕の復讐鬼・良との超党派タッグで極悪人・河津清三郎の息の根止める、男の魂こがしまくりの豪快任侠 巨篇 ! 待田京介ちょっぴり暴走 !  ここはひとつ暖かい目で…。

 

真田幸村の謀略』 1979年 東映 148分 CS

(出演)萬屋錦之介, 松方弘樹, 片岡千恵蔵 (監督)中島貞夫
すっかり貫禄がついた錦ちゃんが家康役で極悪演技に磨きをかける豪華オールスター時代劇 !

びっくりメンバー大集合の真田十勇士が、徳川の大軍に決死のゲリラ戦を挑むド迫力戦国超大作 !

あの東映が惜しげもなく金を使いまくり、エキストラと爆薬の量は過去最高 !

忍術合戦にUFO飛来でもうお腹いっぱいだ !

 

『望郷と掟』 1966年 松竹 88分 CS

(出演)安藤昇, 渥美清, 殿山泰司, 竹脇無我 (監督)野村芳太郎
元祖渋谷系のリアル・ギャングスター安藤昇が、松竹映画に男気を注入する壮絶巨篇 ! 2年の懲役を終えシャバに戻った昇が、裏切り組織に復讐を誓い6千万の金塊強奪作戦を決行する掟シリーズ第4弾 !

東映だったらさぞハードな作品になったでしょうが、そこは松竹。どこか畳の匂いの漂う作風となっております。

 

第4週 : 10月24日〜30日

『ごろつき』 1968年 東映 92分 CS

(出演)高倉健, 菅原文太, 金子信雄, 三益愛子 (監督)マキノ雅弘
オロロン涙をググッと堪え、上京してきたバカ二人、健と文太の豪快スポ根任侠巨篇 ! 一攫千金夢見る健が、チャンピオン目指して怒涛の快進撃 ! しかし、外道・渡辺文雄に恩人を殺されるや、後半はアッという間にヤクザ映画と化す、何でもアリのミクスチャー娯楽アクション !

愛犬家の方の鑑賞はご遠慮願います。

 

『男の勝負』 1966年 東映 91分 CS

(出演)村田英雄, 高倉健, 藤純子, 北島三郎 (監修)マキノ雅弘
村田&サブちゃん&天知茂の豪快トリオが、男気MAXで悪を討つ熱血ミゼット任侠巨篇 !

千日前の再建を夢見る村田が、利権独占を狙う悪党どもに堪忍袋ブッちぎりでカチ込みかける豪快シリーズ第1弾 !

極悪一代・天津敏が健サンから奇跡の初白星を奪取 !

おっと忘れちゃいけねえ、監督は中島貞夫だぜ !

 

『やくざ囃子』 1954年 東宝 88分 SD

(出演)鶴田浩二, 河津清三郎, 岡田茉莉子 (監督)マキノ雅弘
ヤクザに妹渡せはせぬと、言ってる兄貴もまたヤクザ、納得いかねえ鶴田が魅せる、男度胸の大暴れ !

一匹狼の流れ者・鶴田が極悪一家を豪快に始末し、妹との交際を認めぬガンコな用心棒・清三郎と壮絶な死闘を繰り広げる股旅任侠巨篇 !

次郎長一家もガン首揃え、マキノの命日週をド派手に賑わすぜ !

 

第5週 : 10月31日〜11月6日

男はつらいよ / 寅次郎恋やつれ』 1974年 松竹 104分 CS

(出演)渥美清, 吉永小百合, 宮口精二 (監督)山田洋次
全葛飾区民注目の「重大発表」がまたもや豪快な空振りに終わり、涙にくれる寅さんですが、未亡人となった小百合嬢と再会するや、恋の炎が再バーニン !  男気炸裂の哀しき妄想自爆劇を繰り広げます。

よりにもよって一作品で二度も失恋するハメとなり、さすがの寅もちょっぴりブルーな爆笑シリーズ第13作 !

 

『股旅三人やくざ』 1965年 東映 120分 CS

(出演)中村錦之助, 仲代達矢, 松方弘樹, 志村喬 (監督)沢島忠
今回錦ちゃんが演ずるのは何と"小心者のヤクザ" !

沢島忠との名コンビで水を得た錦ちゃんが、究極のヘタレ演技で場内を爆笑の渦に叩き込む痛快チャンバラ巨篇 !

その他、シブ~い仲代達矢の"ストイックやくざ篇"と、泣ける松方の"チンピラやくざ篇"がもれなく楽しめる、お得で豪華な怒涛の股旅三本立て !

 

『喜劇競馬必勝法 / 一発勝負』 1968年 東映 90分 CS

(出演)谷啓, 伴淳三郎, 橘ますみ, 夏純子 (監督)瀬川昌治
お向かいのJRAの客を当て込んで、またまたやるぜ競馬必勝法シリーズ第3弾 !

競馬場の所長・谷啓が、極悪人・大橋巨泉に騙し取られた大金を取り戻すべく、人生懸けた大バクチに挑む爆笑ギャンブル巨篇 !

キュートなエロ妻・橘ますみは毎日が発情期 !  EDとかって贅沢言ってんじゃねえぞ谷啓 !

 

【今月の特集】

マキノ雅弘

浅名支配人の得意技といえば、もちろん"命日記念番組" !

10月29日は、来年で生誕100年を向えるマキノ雅弘監督の命日にあたるため、マキノ関連作品をドドーンと大放出です !

来年が生誕100年なら、来年に特集組めばいいじゃん ! と、お思いのそこのアナタ !  来年になったらですよ、池袋とか渋谷とか阿佐ヶ谷とか京橋とかアチコチで大々的に「マキノ特集」やるかもしれないでしょ ?  そうなったら身分卑しき浅名はお手上げ状態のカヤの外なので、だったら今のうちにやっちゃえ ! という実に涙ぐましくも安易な作戦なのでございます。
このマキノ雅弘の父上というのが「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三氏。

「日本映画の父」の「息子」ということは、「マキノ雅弘=日本映画」ということに なりますね。

文句も異論もないことでしょう。

そんなザ・日本映画・マキノ雅弘の生誕99年(と命日)を、浅名のヤニ負けスクリーンで地味ぃ~に祝おうでは ありませんか。

 

映画渡世・天の巻―マキノ雅弘自伝

映画渡世・天の巻―マキノ雅弘自伝